新潟市、上越市のマンション・アパート賃貸、不動産売買のことならアパマンショップの信濃土地へ!

不動産活用・相続相談 不動産のエキスパートがトータルサポート致します。

  • 不動産活用
  • 相続相談

相続は必ず誰もが迎えることになります。大事な財産と愛情を次の世代に上手に引き継げるように、また、引き継いだ家族が、後も仲良く幸せな関係を続けられるようにしっかり準備をしておきましょう。

先ずは財産の把握をしましょう

平成27年1月1日の税制改正で、相続税については基礎控除が縮小され、税率がアップしたことにより課税される対象者が増えたといわれています。これを機会に改めて相続税に対して少しでも関心や知識を高めて頂き、ご自身の財産の把握、そして相続税がどのくらいかかるのかを試算しておくことで、相続に備えておきましょう。
※詳しくは「相続税・贈与税の改正内容」をご覧ください。

●基礎控除額の縮小

相続税対策

ポイント

  • 節税 ・・・ 相続税をいかに減らすか
  • 分割 ・・・ いかに円満な遺産分割を行うか
  • 納税 ・・・ 納税の際に支払う資金をどう準備するか

●財産の評価を下げる(不動産活用)

財産は現金だとそのままの金額となりますが、不動産は「評価額」となり、様々な条件で変動します。不動産評価方法を理解し、評価額を下げることで節税対策になります。

●特例の活用(小規模宅地等の特例)

自宅の土地や自営業の会社・工場の土地、アパート・駐車場にしている土地を遺族が相続することで、一定の条件をみたせば、評価額を50%または80%減額することができます。

●財産を減らす(暦年贈与)

生前に遺族へ財産を与えることで財産を減らします。贈与税の非課税枠を利用し、長期に渡ってできるだけ多くの人数に贈与することで節税効果が高くなります。また、遺族は生前に財産を受け取ることになるので納税資金の準備にもなります。

●非課税財産の活用(生命保険、お墓等)

死亡保険金はみなし相続財産で課税されますが「500万円×法定相続人の数」は非課税となります。もちろん遺族に現金が入るので納税資金にもなります。また、仏具や仏壇、お墓なども非課税財産なので生前に購入しておくとよいでしょう。

●基礎控除を増やす(養子縁組)

養子縁組をして法定相続人の数を増やすことで、相続税の基礎控除額が増え、相続税が軽減されます。(実子がいる場合、養子は1人まで実子がいない場合、養子は2人まで)

●争族にならないようにする(遺言)

分割が困難な財産や人間関係で、話し合いがまとまらず10ヶ月以内に納税できないと、税制の優遇措置が受けられない場合があります。そうならないよう生前に分割方法を決めて、遺言書を用意しておきましょう。

各店舗・部署へのお問合せ

新潟市内

  • TEL.025-210-7600
  • メール

上越市内

  • TEL.025-520-8876
  • メール
  • 不動産活用・相続
  • 相続税・贈与税
各店舗・部署へのお問合せ

新潟市内

  • TEL.025-210-7600
  • メール

上越市内

  • TEL.025-520-8876
  • メール

各種窓口

カンタン!条件入力でお気軽相談

スタッフ・店舗紹介

Copyright © 2015 ShinanoTochi. All Rights Reserved.